2018年05月28日

婚活も『見直し』が大切!!

1bdb80881614421d33ea9a269960bbce_s.jpg


こんにちは。

『結婚後も幸せ』な婚活をサポート 結婚相談室 恵 専任カウンセラー鈴木恵子です。





今日のテーマは『婚活も『見直し』が大切!!』で綴ってみたいと思います。


ところで、『PDCAサイクル』ってご存知ですか?


お仕事でも『PDCAサイクルを回せ』と言われることがあるのでは?

P・・Plan 計画
D・・Do 実行
C・・Check 評価
A・・Action 改善


看護師をしていた時も、近い方法を徹底的やらされていました(笑)。


計画を立て、実行してそのままに放置しない。見直しをして、上手く行っていないところは改善策を練って、また実行していく、、、。


まあ、どんな仕事でも基本なのかもしれませんね。


これまで仲人カウンセラーとして会員様にサポートしてきて、大事なことは会員様に寄り添ってサポートだと感じていますが、中でも会員様との『活動の見直し』は非常に重要だと実感しています。


活動がスタートして、まずは遅くとも2か月後には、時間を設けて『見直し』をしています。


1年先のご成婚を望んでいる方でも、まずは6ケ月でのご成婚を目標に活動して頂いていますよ。それは半年のご成婚目標でも、活動の流れによっては1年近くなってしまうからです。


すると半年目標であれば、活動をスタートして2か月後には、少なくとも4件くらいはお見合いをされていますし、その中で『いいな』と思えた方と初デートには進んでいらっしゃいます。


(会員様の希望で、月1件と決められている方は別ですが、、、)


お見合いが組めていない、『いいな』と思えた方からいいお返事がもらえていないとしたら、『何が原因』があると考えていいと思います。


*プロフィール写真の印象?

*プロフィールの内容?

*お見合いの申込の数やタイプや条件は?

*お見合いのお申込みを頂けているか?お返事は?

*お見合いでの印象は?会話は?


会員様と一緒にご相談しながら活動を振り返ってみると、必ず『原因』が見つかってきます。


ではどういう方向に進めたらよいかを、また会員様とご相談しながら改善策を練って、具体的に変更していきます。


例えば、


*プロフィール写真で、もっと親しみやすいお写真に変えてみる。

*お申込みのお相手のタイプや条件をもっと広げてみる。変更してみる。

*お申込みを頂いた方にも気軽に会ってみる。

*お見合いがNG(お相手からのお断り)が続くようなら、お相手相談所に理由を確認し、ウィークポイントを補うようなアドバイスをする。


カウンセラーとしては、ご入会された方が半年から1年でご成婚されないのは、必ず『原因』があると思っています。


ただ誤解して頂きたくないのは、『ご成婚』させるためにご本人の意志を無視して、お見合いや交際を強引に進めたりはしませんよ。


『無理に成婚させられる』というプレッシャーは、焦りや不安をかきたてます。


あくまでもカウンセラーからの提案です。


だって、結果的に活動するのも結婚するのも会員様自身ですからね。


最終的に『結婚後も幸せ』に繋がるかどうかのスタンスで、会員様と進めていきます。


当相談室の会員様は、ほとんどの方が半年から1年でご成婚し結婚されていますが、中には活動が少し長引いているかたもいらっしゃいます。



仕事や家庭の事情が理由の方もいますし、ご本人の希望でじっくりと活動されている方もいます。

(もちろん、私の力が及ばないこともあるのかもしれません。)


会員様によっては、時間やタイミングが必要な場合もあるかもしれませんね。


ご本人が諦めない限り、カウンセラーとしては適宜見直しをしながら、『結婚後も幸せ』に繋がるご成婚まで応援していきますよ!!


見直しをすることで、会員様も希望を持て前向きに活動していく気持ちを持てるようです。


当相談室は少人数制を徹底しているからこそ、こうした見直しをマメにできるのですが、なかなか会員数が多いところは難しいようです。


婚活中は、どうしてもご自分を客観的には見れない場合が多いので、結婚相談所であれば担当の仲人に、他の手段であれば、よく話を聞いてくれるアドバイザーを持つといいと思います。


婚活をしていて1年経ってもいい方に巡り合えなかったら、その婚活方法がご自分に合っていない、方法が間違っていると考えていいと思います。


そんな見直しをご自分でもされることで、婚活がいい方向に進んできますよ。


今日もここまでお読み頂きありがとうございます。

こうしてお読み頂いたあなたとのご縁を感謝し、そしてあなたの日常に素晴らしい恵みがあることを心から願っております。


あなたらしく『結婚後も幸せ』な婚活をお考えの方は、こちらの当相談室のサイトからのお問合せをお待ちしております。http://www.megumi4122.com
posted by めぐみマリッジ at 12:47| 活動サポート

2018年05月27日

『生きづらいと思ったら親子で発達障害でした』モンズースー著を読んで、、、

aa695bddf4bc088f192da2b3ffa695c1_s.jpg


こんにちは。

『結婚後も幸せ』な婚活をサポート 結婚相談室 恵 専任カウンセラー鈴木恵子です。


私が利用している生活クラブ生協の本の紹介でたまたま見かけた、『生きづらいと思ったら親子で発達障害でした』モンズースー著 を読んだのですが、、、、。

これは発達障害グレーゾーンの息子さんたちの育児の中で、自らの発達障害(ADHD)を知り、率直な気持ちを綴った実録コミックエッセイ。

いや〜、読み終わって開口一番「障害って何???」と、思わず口をついてしまいました。

モンズースーさんの奮闘は並みじゃありません。

私はこんな素晴らしい母さんじゃ全然なかった。

子供への深い愛情と、でも困難な現状とのはざまでの葛藤を抱えつつ、これほど前向きに『生きている』のに、何をもって『障害』なのかと涙が溢れてきました。


以前、小児マヒが原因で歩行が困難で、車椅子生活の私の友人が言ってました。

『障害ってなんだろうね。

目が悪くてもメガネやコンタクトで、何も不自由が感じなければ『障害』とまではいかないでしょ?

歩けなくても不自由がないこの国(福祉大国スウェーデン)では、『障害』はないから、『障害者』ではない気がするんだ』と。

彼女は『障害者』とされることで、日本で非常に生きづらさを感じ、単身スウェーデンへ留学してた際にたまたま私と知り合うことに。

彼女の話、本当に胸に刺さりました。

この『発達障害』とされる親子も、この日本の状況が『障害』にさせているのではないか、、、と切ない気持ちでいっぱいになりました、、、。


実は、私も幼い頃から周りとの違いを感じることが多く、いつも『生きづらさ』を抱えていました。

ただ、母親以外の家族全員、恐ろしくマイペースで周りにどう思われようが知ったこっちゃないと、我が道をひたすらいくタイプだったので、『まあ、うちはみんな変わっているから私も遺伝なんだろう』と諦めきっていました。

時代もおおらかで、私のように変わった子でも『個性的』だと受け止められ、理解してくれる大人や友達がいたことで、何とか大人になり、何とか人並み???に社会生活も送れてきました。

でもね、子育て中もママ友とかをつくるのは難しかったし、公園や児童館でもスタップの方や子守りのおばあ様とばかり話していたかも。(笑)

産む前から「色んな人に関わってもらって子供を育ててもらおう」と考えていましたから、2人とも1歳半には保育園に預けて仕事を始めました。

早々に預けてしまって、子供に愛情が持ててないのかと母親である自分を責めたり罪悪感もありましたが、そもそも子供が苦手な私ですから『しょうがないよね』と、少しでも子供との時間を楽しく過ごせる為だと開き直りました。

結果、保育園でのスタッフや親仲間、他の子供たちとの出会いが、私や子供たちの支えや助けになり、なんとか子育てができた状態でした。



それに比べ、冒頭のモンズースーさん。

真面目で本当に優しい方なんですね。

子供の将来を考えて、『この現状』なかでの困難に本当に本当によく向かい合われたなと、胸が締め付けられます。

だってね、時代や場所が違えば『生きづらさ』も感じず、こんなにモンズースーさんが追い詰められることもなかっただろうに、、、。


でも結果、

「なんか色々考えたけど、結局、健常者とか障害者とか関係なく、私は私だな」(著書の中から)

という答えにたどり着き、こうして人々に感動と共感をもたらす、素晴らしい作品を生んでいる。

全ての出来事を『自分らしく輝ける』ことに繋げている。



それを、さりげなく後押ししているのが、モンズースーさんの『パートナー』の存在。

個人情報として、あえてほとんどパートナーについては描かれていませんが、察するに天然タイプで、おおらかな方。

単身赴任でほとんどそばにはいられないですが、モンズースーさんを心から理解し、よく話も聞いてくれ、子供たちへの療育にも理解してくれている、心強〜い見方。



以前、二人の発達障害を抱えるお子様を持つお母さんと出会いましたが、超パワフルで、仲間をどんどん作り、そのネットワークで行政を動かし、次々と発達障害を持つ子供と親の『居場所』を作り上げている方でした。

「旦那とは再婚だけど、また離婚するかも」と笑っていました。いや、これだけ仲間やネットワークを作れる人なら大丈夫かも〜と感じましたよ。(笑)

でも、私やモンズースーさんのように仲間やネットワーク作りが苦手な人は、自分らしくいられて理解し合える『身近な』パートナーの頼もしい存在が、どれだけ『自分らしさの発揮』にパワーを与えてくれるかわかりませんよ〜。

まあ、もちろん社交的な方でも、お互い尊重し合える、いざという時に助け合え支え合えるパートナーの存在はとっても大きいですが!!



人って、心を許せる理解してくれる存在が一人でもあれば、強く生きていける。より自分らしい人生を歩める。

そんなあなたの『存在』になれるパートナーを探すお手伝いをすることが、私の『自分らしさ』であり、喜びなんだと思っています。

私とご縁があってもなくても、この世に『自分らしい人生』を大いに楽しめる人が一人でも増えますように、、、。


今日もここまでお読み頂きありがとうございます。

こうしてお読み頂いたあなたとのご縁を感謝し、そしてあなたの日常に素晴らしい恵みがあることを心から願っております。


あなたらしく『結婚後も幸せ』な婚活をお考えの方は、こちらの当相談室のサイトからのお問合せをお待ちしております。http://www.megumi4122.com
posted by めぐみマリッジ at 12:21| 婚活

2018年05月26日

『ハイスペック』と『結婚後も幸せ』

38b072f34569aa3030f8a71a8c626fcc_s.jpg



こんにちは。

『結婚後も幸せ』な婚活をサポート 結婚相談室 恵 専任カウンセラー鈴木恵子です。




『出会い』の特集が気になって、久々に『 an・an 』を購入してみました。


もちろん特集は興味深い内容でしたが、「知らなかった世界だわ〜」と思ったのがアマゾンで配信されている『バチュラー・ジャパン』の存在。


確かどちらかで広告は見ていましたが、あまり興味がなかったのでスルーしていました。


一人の独身男性(ハイスペック?)を巡って競い合うリアリティーショーらしい。


えっ?知らなかったのは私だけ??(笑)


『ねるとん』と『あいのり』を足した感じ???


それも『バチュラー』という番組は世界中で人気らしい。


やっぱりお国は違えど、世の女性は『王子様』的な男子に憧れるのね〜と。


お金持ちで、スタイルがよく、イケメン、ステイタスがあり、お育ちもいい。


そういえば、私がヨーロッパを旅していた時に出会ったトルコ人女性がとっても綺麗な人で、元客室乗務員だったそうだけど、破局したお金持ちの男性との恋を思い出しては、しくしくと泣いておりましたっけ、、。


それなりのステイタスや収入の男性と結婚(逆もあり??)することで、生活レベルがかなり違ってきますからね。そういう男性に選んでもらえるよう、親も育ててきているのでしょう。


まあ日本も少なからずそういう価値観がありますね。


娘を有名大学に行かせて、有名企業に就職させたのに、結局は地元の同級生と結婚予定となり、苦労が水の泡になったという話をご近所の方から聞いたような、、、。(いやいや好きな人と結婚できればおめでたかったですね〜とは言えず、、、苦笑)


私も20代前半までは、『ハイスペック』な男性と結婚すれば、『間違いなく』幸せになれる切符を受け取れるはずと思っていた時代もありました。


なにせ18歳から東京に出て、バブルの頃を経験してしまいましたから、余計そういう価値観が蔓延していました(笑)。


私は医学部の付属の看護学校で学び、そのまま大学病院に勤務したこともあって、周りの『ハイスペック』な男性と言えば、医学生かドクターでしたから、まあお付き合いできたらいいな〜と思っていたことは否定しません(笑)。


実際にちょっとしたお付き合いはありましたが、『お互い患者さんを支える専門職としては尊敬するけど、私には恋愛や結婚はできないな』と早々に気付くことができました(笑)。


私は生れも育ちも埼玉で、父が自営業を営む庶民的な家庭でしたので、育った環境があまりにも違い過ぎて価値観が合いません。(私学でしたから余計だったかもしれません)


それにドクターは忙しすぎて、結婚するパートナーとなれば家庭をしっかりと守れる女性でないと難しいので、家庭的なパートナーを望んでいた私には到底無理だと悟りました。(私が仕事が好きなので、、、(笑))


確かに『ハイスペック』な男性は、一般的にモテるので女性の扱いも上手だし、話題も豊富でデートもスマートに誘えて、お洒落なお店も知っているし、一緒に居て楽しいですよね〜。(笑)


そういう男性とフィーリングや相性、価値観も合えば結婚しても幸せかもしれません。


(まあ結局は育った環境や持っている価値観が同じような相手に安心できたり惹かれたりするんですけどね。)


そう、結婚するのは基本的に一緒に生活する、助けあったり励まし合って一緒に出来事を乗り越えていくことですから、『フィーリングや相性、価値観』がある程度合わないと、続けていくのはなかなか難しいと思います。


『ハイスペック』な男性に憧れる気持ちはわかりますが、恋愛でなく『結婚』をお考えなら、『条件』だけでなく『相性』や『フィーリング』『価値観』が合って、人生を共にできそうかが大事かなと思います。


もちろん多少価値観が合わなくても、フィーリングや相性が合えば歩み寄れますよ。


でもね。どんな選択もその方の人生ですからね。


ある女性のケースですが、年収何億という男性と結婚し、さぞ幸せかと思ったら『毎日修行』だとか。周りに恥ずかしくない奥様でいるために、服装やスタイルに気を使い、夫の前でも化粧は落とさず、料理も完璧に。夫の浮気も見ないふり。常に気が抜けないとか、、、。


『幸せ』の価値観や人生の選択は色々ありますが、私はうちでは安らぎたいので、まずしない選択かな〜と感じました。


色んな人生があっていいのだと思います。自分でその選択を引き受けさえすれば。


(そんなご縁があったら、人生一回きりですから、試しに楽しんで乗ってみるのもありですよね〜。)


そうそう、私の看護学校の同級生や同僚の中には、ドクターと結婚した人が何人かいます。


共通することは、派手なタイプでないけれど、しっかり者で賢い。あまり愚痴を言わない。落ち着きがある。一人の時間を持てる、、、。そういう感じだったと思います。


きっと家庭をしっかりと守ってくれるタイプということでしょう。


旦那様のドクターの方は海外で活躍したり、開業したり、専門分野を極めたりと、『できる』男性は自分の人生設計に合ったタイプのパートナーをしっかりと選んでいて、さすがだな〜と思いました。


学生の頃から、婚約指輪をもらっている友人もいましたよ。(早めにキープ?(笑))


今でも年賀状のやり取りをしているドクターの妻をしている友人もいますが、家庭をしっかりと守り、多忙な旦那様をしっかりと支えているようで、『幸せ』そうな家族写真を送ってくれます。


『ハイスペック』だろうがなかろうが、一緒に居て楽しい、心地いい、話が合う、感じがいい、落ち着く、自分らしくいられる、、、、。


そんな感覚がある方であれば、どんな形でも豊かになれて、『結婚後も幸せ』になれる可能性が高いと私は考えています。


『豊かさ』とは、経済的なことだけでなく、時間、経験、楽しさや心地よさ喜びかも。


当相談室ではIBJに加盟しており、高収入高学歴の男性も会員様に登録していますので、そういう方とご縁があるかもしれませんが、まずは会ってみてプロフィールではわからないフィーリングや相性で選ぶことをお勧めしています。


でも、結局はご本人の選択ですから、『条件』で選ばれてももちろん応援しますよ!


今日もここまでお読み頂きありがとうございます。

こうしてお読み頂いたあなたとのご縁を感謝し、そしてあなたの日常に素晴らしい恵みがあることを心から願っております。


あなたらしく『結婚後も幸せ』な婚活をお考えの方は、こちらの当相談室のサイトからのお問合せをお待ちしております。http://www.megumi4122.com
posted by めぐみマリッジ at 14:52| 婚活